美容・脱毛情報

肌を乾燥から守ろう!〜保湿効果を感じられたスキンケア法

美容

加齢とともに、年々肌の乾燥が進行しているからなのか、私の保湿対策が追いつきません。
昨冬から保湿効果の高いオールインワンゲルに替えていますが、肌の乾燥を完全に防いでいるとは思えません。
特にメイクしている時は、肌に無数の小さなシワたちができます。
ひどい時は、ファンデーションがヨレてしまっている状態です。
ここで私がこの冬、効果があった肌の乾燥対策を紹介します。

 

ここはパックに頼るべき!

ローションパックは返って肌の水分を奪い、蒸発させてしまう恐れがあるので避けます。
オールインワンゲルを使ったパックは効果があり、少なくとも週1回はコンスタントに続けています。
そして、友人から酒粕を使ったパックを教えてもらいました。
酒粕には保湿効果と美白効果があり、作り方も簡単です。
酒粕と精製水、好みで小麦粉を少々混ぜたものを練り、肌に塗ります。
上からサランラップで覆い、10分置きます。
そして酒粕パックをキレイに洗い流し、後は普段通りのスキンケアをすれば完了です。
少しずつ肌のくすみが解消され、もっちりしてきたように感じられます。
酒粕や小麦粉を使うパックなので、行う前にパッチテストをおすすめします。

 

高い美容液よりも断然効果が実感できる優れものを発見!

保湿効果を高めるために、高価な美容液も使っていました。
高価なものなのでどうしても少しずつ使ってしまい、これが効果を出せない理由なのです。
もっと気軽にできる方法はないものかと思い、テレビを見ているとニベアのCMがやっていました。
ニベアを顔に塗っています。
調べてみると、ニベアは高級美容液と同じ成分が配合されています。
保湿については、自分の手で実証済みです。
朝の洗顔後と、夜の入浴後すぐに頬やほうれい線部分やおでこといった乾燥度合の高い所に惜しむことなく、ニベアをたっぷり塗ります。
このすぐに塗るというところがカギです。
それから落ち着いてスキンケアをするようにしています。

 

この手法が功をなしているのか、メイク時の小ジワたちも少なくなってきました。


脱毛は、何故数か月間をあけるか知ってますか?

ムダ毛の処理って、とてもわずらわしい美容ケアの1つですよね。
自己流のケアを続けることにより、肌がチクチクと痛くなったり赤みなど炎症を引き起こしてしまう場合もあります。
できればムダ毛処理をしたくないけど、それだと見た目が綺麗じゃない。
そんな悩みを解決させるのにおすすめなのが脱毛です。

 

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違い

綺麗に脱毛をするなら、美容クリニックやエステサロンに通う必要があります。
美容クリニックではレーザー脱毛、エステサロンではフラッシュ脱毛を受けることができます。
どちらも同じように思えますが、この2つには大きな違いがあるんです。
レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と比べ、肌への負担が大きくなっています。
そのため医療行為に分類されているので、医師のいる美容クリニックでしか受けることができません。
それに対してフラッシュ脱毛は出力が抑えられ、肌への負担が軽くなっています。
美容行為にあたるので、医師のいないエステでも施術できるのが特徴です。
出力が強い分、レーザー脱毛のほうが短期間で脱毛を終わらせることができますが、そのぶん痛みも強くなっています。
どちらで脱毛するか、よく考えて選んでみましょう。
脱毛サロンなら料金としては銀座カラーの全身脱毛が安いようです。
参考サイト:全身脱毛なら銀座カラーが安くておすすめ【コース料金一覧】

 

何故、脱毛は数か月間をあけておこなうの?

脱毛は個人差や部位によっての差もありますが、数か月おきに施設に通い、5〜10回ほど施術しておこないます。
ここで1つ疑問に思うのが、毎週通えば早く脱毛を終了させられるんじゃないか?ってことです。
ですが、毎週の脱毛はデメリットだらけなんです。
まずは肌へのダメージです。
脱毛は肌にレーザーやフラッシュを照射してムダ毛を処理していきます。
この時、少なからず肌にダメージが蓄積されます。
それが回復しないうちに、また脱毛をするということは肌にとって良くありません。
さらに、ムダ毛には成長期、退行期、休止期という3つの時期があります。
この3つの期間は数か月おきに繰り返しています。
脱毛は成長期に施術することで効果が得られます。
ですので、次の成長期にあわせて数か月に1回の脱毛が1番効果が高いんです。